月別アーカイブ:2020年6月

コロナ禍で、地域皆さんの連帯への熱い思いが響く日々

地域の日本共産党支部の皆さんが、困難な中、「赤旗」見本誌を届けていただいた後援会さん宅に、日曜日ごとに電話で、この間のお困り事やご要望などをお伺いしています。そして、確かな情報と読者の皆さんとの温かい紙上での交流や、コロナ後の新しい社会に向けて希望を運ぶ新聞「赤旗」を紹介させていただいています。

お話をお聞きしていると皆さん異口同音に、子育てされているひとり親家庭にもっと支援してあげてほしい、大学生の孫は大阪の親元で暮らしているから食べることには心配ないが、苦労している学生さんには退学させてはならん、援助が必要だ、等々、老い先短いわしら私らのことよりも未来ある若者を大事にしてやと、嬉しい限りです。

一方で、大阪の知事さんは「大阪モデル」で決断早く頑張ってはるけど、自分たちの暮らし向きや小さなお店をやってはる人らにはあんまり手が届いてないんやないか、大阪市はどんな対策してるんやろう、さっぱり見えへん・・と疑問やお叱りも。

そこで、上下水道料金の基本料金7月から9月まで3か月間の減免することをお伝えすると、たった3か月かいなと。私がせめて1年間くらい免除してくれたらいいですのにねと返すと、「橋下市長の時なくした制度やから復活させたらいいんや、そんな呑気なことゆうとったらあきませんで!」とお叱りを。ごもっともと反省しかり。

5月31日付「赤旗」日曜版の渡辺えりさんと小泉今日子さんのオンライン対談の中で「貧しい人ばかりが我慢する時代はそろそろ終わると思いたい。コロナ後はみんなが弱い立場の人を思いやる、優しい国になってほしい。そのためにも、他人の痛みを想像する力が必要。おかしいことには声をあげなきゃあ」と、えりさんは、読者を励まし、希望を届けてくださいました。まさに、今がその時だと、電話での対話で、地域の皆さんとの思いが響きあい、共有できていいることに確信と喜びをますます実感する日々です。