その他のページ

仙台高裁が、福島原発事故・避難者訴訟に東電の責任断罪に感無量

東京電力福島第1原発事故で避難指示が出された福島沿岸地域住民216人の方々が、故郷喪失に慰謝料の損害賠償を求めた裁判で、裁判長は東電に対して津波対策の工事を先送りしてきたと、その責任を断罪しました。

原告団長の早川篤雄さんは「判決を東電に実行させるためのたたかいが重要になってきます。これからは、奪われた地域と生活を取り戻すたたかいです。今日の判決を起点とし、正義が通るよう頑張っていきましょう」と、涙ながらに喜びを報告されていました。

福島原発事故後からお友達になり、文通を続けてきた早川千枝子さんは原告団長のパートナーです。裁判勝利後ただちに報告いただいて共に嬉し泣き。長いたたかいを支えて来られた千枝子さん、本当にお疲れ様でした。これからですね、故郷と日常のくらしを取り戻すのは。また、お会いしましょうね。大阪から支援し続けます。