ブログ

秋の文化をたっぷり堪能

9月21日午前中、博愛社こども園の新園舎建設記念式典が開催されました。博愛社は創設の基本理念であるキリスト教の「隣人愛」の精神に基づき、児童養護施設、乳幼児の教育・保育施設、児童家庭支援センター、高齢者施設など福祉と教育のために地域に開かれた法人として百数十年にわたって貢献されてきました。2019年10月より幼稚園と保育園が合併され、「幼保連携型認定こども園 博愛社こども園」としてスタートされます。地域の子どもたちが心身ともに健やかに、豊かに育ってほしいと願いを託せる、素晴らしいこども園ではないかと大いに期待を寄せています。

12時からはよどがわ区民まつりへ。天候が気になったものの今年は盛大に催されました。地域・団体の模擬店に議員一同ごあいさつ回り。日頃からのコミュニティーを大切にはぐくみ、繋げていらっしゃることに、また、まつりへの準備にご尽力いただいていることに、心から感謝とお礼を申し上げたいと思います。地域の皆さんと久々にゆっくり交流できた区民まつりでした。まつりの最終を飾る民謡おどりでは、淀川区長のおどりに拍手喝采。お疲れ様でした!

22日は、後援会主催の前進座「鼠小僧治郎吉」を夫と観劇。若手の皆さんの演技に息吹を感じたところです。観劇後、夫との夕食も久々で、秋の味覚とお酒もおいに楽しみました。

23日、加島地域の敬老会に。社会福祉協議会のO会長さんの開催にあたってのご挨拶は、毎年学ばせていただいています。戦前・戦中・戦後の荒れ果てた日本、経済、文化を立て直し、切り開くためにご苦労を重ねてこられた高齢者の皆さんが、本当に大切にされているだろうか。おれおれ詐欺、振り込み詐欺とあの手この手で高齢者をだます今の社会。政治も公文書の改ざんや隠ぺい、嘘やごまかしだらけ。子どもや孫たちに正直に生きよ、嘘をつくなと育ててきた私たちだ。令和を迎えもう一度うそのない社会を取り戻そうと苦言を呈しておられました。その通り、私たち行政に携わる者こそ襟をたださなければと・・・。2部の催しでは府立柴島高校の太鼓クラブの太鼓の音、吹奏楽部の素敵な演奏に引き込まれ、老健施設でお暮しの方々の歌声やフラダンスにうっとりさせていただきました。

 

コメントはまだありません

No comments yet.

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。