ブログ

民生保健委員会質疑での反響・・パート2

真田山小学校区内での民泊用マンション建設に反対する陳情書を質疑させていただきました。真田山連合振興町会長さんをはじめ、613名もの署名、陳情書が提出された趣旨は、玉造本町計画(仮称)という名目で民泊用マンションが建設・開業されようとしていることに、陳情者の方々は天王寺区をはじめとする文教地区と呼ばれる地域周辺での民泊用物件の建設・事業開業までのやり方への疑問と、生活環境悪化の懸念を抱いておられ、実施を認めないでほしいというものでした。

事業者はまだ民泊の申請も出していないということであり、当局も想定の事にはわからないとしか答えようがないと。ホントに腹立たしいことこの上なく、陳情者の皆さんの思いだけを誠意をもって代弁させていただくことになりました。一度壊れた環境を取り戻すことはできません。千代田区は文教地区等で家主不在型(管理者駆け付け型)を全日不可としているようなので、私たちも研究していきたいし、民泊の制度自体の見直しは当然必要だと、市民の皆さんとご一緒に、議会内外でしっかりと取り組んでいきたい旨をご報告させていただきました。

巨大納骨堂の建設許可でも、一棟丸ごと民泊建物でも、住民の理解、納得、合意もなしに建設、開業、経営を許可する大阪市、住民無視の市政に憤りを通り越し、情けないことこの上ありません。でも、あきらめず市民の皆さんとともに要求実現に邁進していきます。

住吉市民病院廃止跡地の問題では、維新支持の無名の方からお手紙が届き、府立急性期医療センターへのアクセス、住之江区・西成区を結ぶバス路線の充実を願うとの切実な訴えが寄せられました。会派を問わず、住民の声を誠実に届ける議員であり続けたいと、あらためて初心に戻らせていただいたエールでした。

コメントはまだありません

No comments yet.

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。