ブログ

民生保健委員会での陳情書質疑に反響が

6月3日の民生保健委員会で3件の陳情書についての質疑をさせていただきました。

地元西中島2丁目に6階建て、6269基もの巨大納骨堂の建設が進んでいます。地域住民の皆さんの理解も合意もないままに、大阪市が経営事業主の宗教法人に対して机上の審査基準だけで許可したものです。門真市にあるこのお寺の現地調査、とりわけ、財政状況の精査さえしていない中で、ただただ宗教法人が提出した資料に基づいてだけの判断です。納骨堂を建設したもの、将来にわたって維持・運営できるのか定かではありません。ましてや、この建物はマンションやオフィスビル、商業施設と用途が全く異色で、経営できなくなれば、お骨が収められている建物丸ごと永続的に放置されることになるのです。住民の方々、子々孫々まで快適に穏やかに住み続けてたい願い、当たり前の思いを委員会で代弁させていただきました。傍聴にきておられた方々をはじめ、ネットで見ておられた地元関係者や地域の皆さんから、労いの温かいお礼と、今後の期待も寄せられ、ますます委員会での質疑も、裁判の勝利を目指す運動でも寄り添ってゆきたいと、私の方こそ励まされました。

コメントはまだありません

No comments yet.

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。