ブログ

地域住民の要求実現に、実りあった予算委員会

3月3日お雛様の節句、女性後援会の集いが催され熱い激励がたくさん寄せられウルルとなりました。が、何よりも桜の花満開のタペストリーで迎えていただいた感謝と、女性の愛を束ね、その実現に応えなければと、身も心も奮い立たせていただいたつどいでした。

3月1日から7日まで民生保健委員会の予算質疑。委員長の私は質問できず歯がゆい思いをしてきた1年間でしたが、それでも同僚の尾上議員にお願いし、視覚障がい者団体からの要望を取り上げてもらいました。「24カ所所の区役所のうち9カ所しか庁舎玄関に音声、またはチャイムが設置されていない。ぜひ、すべての区役所に設置してほしい」と要望をすると、「その方向で進めていく」との前向きな答弁で、少しでもお役に立てたかなと・・・。

また、昨年の交通水道委員会の予算質疑で、地下鉄東三国駅南口にエレベーターの設置を要求したところ、検討するとの答弁に終わりました。昨年11月に北中島地域活動協議会が大阪メトロにエレベーターの設置を要望されましたが、1週間後にあっさりとできないとの回答があったとのこと。そのことをお聞きし、東三国駅南口にエレベーターの設置の必要性、切実な声を届けてほしいと同委員会の岩崎議員にお願いすると、大阪市の答弁では来年度(平成31年度)から調査設計を行うこととしている。完成期日の確約ができるものではないが、現時点では2020年度から工事を開始し、2022年度に完了させる予定としているとのこと。やった!

視覚障がい者の方々をはじめ車いす生活を余儀なくされている方や高齢者、妊婦さんや幼い子ども連れの方々、こうした皆さんが安全で安心して外出できる淀川区のまちづくりへ邁進したいと、新たに希望が膨らんだ実りのあった予算委員会でした。

コメントはまだありません

No comments yet.

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。