月別アーカイブ:2019年2月

お正月以来、久々に癒されたふた時でした

昨日は、娘の次男坊の保育所生活最後の発表会。運動会や敬老会など、なかなか参加できなかったけど、おじいちゃん・おばあちゃんが参観できる生活発表会と聞き、保育所生活最後の孫の育ち、成長をこの目で見てやりたくて、ダンナと二人していそいそ出かけました。

開幕太鼓の熱演に胸を熱くし、瞳を輝かせ、これ以上大きな声は出せないような歌声にびっくりするやら、「茨姫」の劇では偉そうに役人になりきってる孫の成長した姿を目の当たりにし、頼もしいやら,嬉しいやら、本音のところはほっとした気持ちに。保育士さんたちの日頃の保育への情熱に敬意と感謝です。

夜は孫と娘からのお礼の電話。8日が親への本来の発表会らしいけど、娘は仕事の関係で参観できないとのこと。雨が降ったら参観できるのに・・・と返ってきた一言が、いささか辛かったかなあ。

ダンナは町会の防災リーダーに防犯委員として微力ながら、まちづくり・コミュニティを大切にと協力しています。我が家では買い物、掃除、洗濯、アイロンかけ、たまに孫の保育所・学校の送迎にお役にたってくれているので、感謝・感謝です。

1月はほとんどの土・日曜日が各団体の新年互例会が催され、夜は一緒に食事ができていません。平日も会議・会議で、ダンナ一人で夕食をとっています。昨日、久々に早く帰宅でき、お正月以来、二人でやっと食事ができました。一人鍋はさみしいなあと言っていたダンナです。昨夜は、いつ食べようかと奮発して買っていた生協の鴨なべに。孫の発表会も共有できて癒されたふた時でした。

新しい発見や、教訓・課題をいただいた各種団体の新年互例会

2月3日の、地元野中地域活動協議会主催の新年会が今年最後の互例会・集いとなりました。

30日は淀川区商店会連盟の新年会で、ゆるやかな景気の上昇になっているとのことだが、そのような実感は感じられないのが私たちの実際の状況ではないだろうかとの会長さんの発声は、的を得ているのではと私も納得。

2月3日のお昼、社会福祉法人・水仙福祉会主催の「新春のつどい」では、当番幹事としてご挨拶をさせていただきました。今年、大阪市会・民生保健委員長を仰せつかっている立場から、7日から始まる予算市会において、障がいをお持ちの方もそうでない人たちも、安心・安全に快適に共存できる社会・政治を目指して参りたいとの思いを述べさせていただきました。

昨年12月上旬に淀川区在住で視覚障がい者団体の役員さんから、24か所の区役所玄関にチャイムか音声などが設置されているかどうかを調べてほしいとのご相談を受けました。さらに、市役所本庁玄関・東西南北には10年まえから音声設備をともうしいれているが、検討するの一点張りで放置されたまま。何とか対処してほしいというものでした。

早速、市民局に問い合わせたり、23か所の区役所の調査も行った結果、淀川区役所をはじめ9か所の区役所しか設置されていないことがわかりました。市役所本庁はまさに手付かず状態です。嬉しいことに淀川区役所では、バスの運行掲示板も設置されています。区長さんにお聞きすると、職員からの要望もあったとのこと。このことも一言ご報告させていただいた水仙福祉会のつどいでした。

地元野中地域の互例会の挨拶では、やはり2月の予算市会を控え、昨年の自然災害などの教訓より、日頃からの備えでは行政の責任・役割がさらに重要になっていることを強調させていただきました。地域の皆さん方の日常のコミュニティ、ボランティアに支えられていることに敬意と感謝の気持ちでいっぱいですが、何よりも私たち行政に携わる者としての使命だと痛感した新年会でした。