ブログ

お正月以来、久々に癒されたふた時でした

昨日は、娘の次男坊の保育所生活最後の発表会。運動会や敬老会など、なかなか参加できなかったけど、おじいちゃん・おばあちゃんが参観できる生活発表会と聞き、保育所生活最後の孫の育ち、成長をこの目で見てやりたくて、ダンナと二人していそいそ出かけました。

開幕太鼓の熱演に胸を熱くし、瞳を輝かせ、これ以上大きな声は出せないような歌声にびっくりするやら、「茨姫」の劇では偉そうに役人になりきってる孫の成長した姿を目の当たりにし、頼もしいやら,嬉しいやら、本音のところはほっとした気持ちに。保育士さんたちの日頃の保育への情熱に敬意と感謝です。

夜は孫と娘からのお礼の電話。8日が親への本来の発表会らしいけど、娘は仕事の関係で参観できないとのこと。雨が降ったら参観できるのに・・・と返ってきた一言が、いささか辛かったかなあ。

ダンナは町会の防災リーダーに防犯委員として微力ながら、まちづくり・コミュニティを大切にと協力しています。我が家では買い物、掃除、洗濯、アイロンかけ、たまに孫の保育所・学校の送迎にお役にたってくれているので、感謝・感謝です。

1月はほとんどの土・日曜日が各団体の新年互例会が催され、夜は一緒に食事ができていません。平日も会議・会議で、ダンナ一人で夕食をとっています。昨日、久々に早く帰宅でき、お正月以来、二人でやっと食事ができました。一人鍋はさみしいなあと言っていたダンナです。昨夜は、いつ食べようかと奮発して買っていた生協の鴨なべに。孫の発表会も共有できて癒されたふた時でした。

コメントはまだありません

No comments yet.

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。