その他のページ

赤旗新聞集金で読者の方から多くの激励

今年もあと6日、今日から遅ればせながら赤旗新聞の集金を開始。議会活動や日頃の生活相談をはじめ、地域住民の方々の要望をお伺いする日常の中で、月末の集金は、どんな話が聞けるか楽しみの一つです。

今、住民投票の実施に参戦するかしないかで、知事と大阪市長が辞任かどうかの報道がなされていることへの、怒りが読者の方々から異口同音に寄せられました。「決着の着いた住民投票はさせたらあかん」「市民そっちのけでそれこそ党利党略や」「維新と正面切って頑張ってくれてる共産党が頼りや」等など、あちこちで。頼りになるのはそれこそ読者のみなさんです。